条件について

ここ数年、不動産投資がひそかに人気を集めています。
不動産投資とは、土地や建物、駐車場などを購入してそこから利益を得ることです。
これには2つの形態があります。
ひとつは不動産を購入してその不動産を売ることです。
購入した時の価格が安く、売却時の価格が高ければ高いほど大きな利益を得ることができる点に魅力があります。
もうひとつは不動産(マンションやアパート、中古住宅)を購入してそれを借主に貸すことです。
そこから得られる利益は毎月の賃料です。
不動産を売却する時に比べて一度に入って来る金額は小さいですが、長期的に運用が可能という点が魅力になります。
いずれの場合も、リスクが少ない点に注目するべきでしょう。
これは株などと比べるとわかりますが、下落した場合でも価値が0になることはまずなく、大きな損をしない投資なのです。

資産運用としての投資も工夫をすることでメリットを手にいれることが可能になります。
例えば、マンションを購入してそのマンションを貸す場合、どうしても空室が出てしまう場合があります。
空室が出てしまう場合にはその部屋の価値を高めることで空室を防ぐことが可能になります。
部屋の価値を高めるとはリノベーションをするということです。
リノベーションとは古くなった物件を新しくして、しかも利用価値が高まる改造をすることです。
老夫婦が多い地域の場合、夫婦二人だけの入居を希望するならば小さな部屋二つの壁をぶち抜いて一つの部屋にして部屋数を減らすことや、ガーデニングをしやすいようにバルコニーに蛇口を付けるなどちょっとした工夫で入居率が高まることがあるのです。