ネットで

最近では日本でも投資という言葉が浸透しつつあります。
一概に投資と言っても、株、投資信託、地金、不動産、保険など金融派生商品とも呼ばれるものは数限りなくあります。
そして専門性が高い物が多いことと、当然ながら元本割れすることもあるというリスクを認識する必要もあります。
そのなかでも不動産に関してはさらに専門性が高い物ではありますが、国内のマンションなどに投資する場合などは、自分でその物件を精査したり、目で確かめながら投資に的確かなど判断できることがメリットでもあります。
最近では、あえて不動産で収益を上げず、損失を出して節税対策をするなんて言う考え方もあり、短期売買することには向きませんが、長期的に考えるには適している方法だと思います。

相続税改正などで、アパート経営をすることで相続税対策をする人もいるそうですが、不動産が初めての場合は、ワンルームマンションあたりを対象にするのがよいでしょう。
アパートの場合は、ワンルームマンションよりも細かい内容の精査が必要になると思いますが、マンションの場合は、1番は立地条件です。
どんなに良い物件でも、どういった年齢層をターゲットにした物件かが明確でないと、徐々に空室が目立ってくるというデメリットもあります。
資産運用をするには、いかに効率よく資金を活用するかが大切ですので、何となくという漠然とした気持ちで契約することは避けた方がよいでしょう。
営業担当の話はあくまで参考です。
自分自身でも勉強を怠らず、他人任せにしないで事業主として自覚を持って臨むことが将来的に良い結果をもたらします。