エリアにも注目

不動産価値を決める元となるデータは地価です。
地価は社会的な要因により変動することが大きいです。
バブル崩壊以降20数年地価価格は安くなってきました。
それにしたがい不動産価格も下落してきました。
社会的な要因としてオリンピック開催地域に選ばれる、交通の便がよくなるなどによりその周辺の価値は増加します。
一方原発事故や地震等により住みにくくなると見込まれる地域については下落します。
最近の土地の傾向ですが、やっと一部の地域では上昇傾向がみられるようになってきています。
アベノミクス等により全国的に価格が上昇する可能性もあります。
そうなれば資産運用として不動産投資は資産を増やす一つの方法として有効になる可能性があります。

株や債券で資産運用をしていると持っているだけで配当や株主優待を受けることができる銘柄も多いです。
しかし不動産に投資するとそうではないです。
初期費用としてかなり必要なこと以外に維持費がかかります。
物件の条件が良く借り手がいると維持もしやすいですが、空き家であれば資産税を支払う必要があるにもかかわらず収入にならないリスクもあります。
メンテナンスをおろそかにすると後々不動産価値が上がった時に安価でしか買い取ってもらえず、結果とし大損になることもあります。
資産運用の一つの方法としてはハイリスクハイリターンであります。
今の時期であれば追い風にのり高額になる可能性も十分ありますがタイミングが他の株や債券と違い難しいため、上級者向けの投資となります。